50代会社員男性 重症筋無力症で障害厚生年金3級を受給した事例

○概要

・相談者

福岡県/50代会社員男性/重症筋無力症

・決定した年金種類と等級及び金額

障害厚生年金3級

年間約110万円を受給しました。

 

○相談にこられた時の状況

2年前に突然目がはれ、自宅近くの眼科を受診。

原因がわからず病院を転々とし、重症筋無力症と診断されました。

傷病手当金を受給していましたが、受給期間が終了するので、会社の人事担当者から障害年金を申請してみてはと勧められました。しかし、障害年金を自分では請求できないと思われ、無料相談にお越しになりました。

 

○相談から請求までのサポート

当センターから初診日の眼科には受診状況等証明書を、かかりつけの病院には診断書をそれぞれ作成依頼しました。特に、日常生活の動作については、診断書の項目に即した事項をまとめて参考資料として添付し、正確な診断をしていただけるよう努めました。また、病歴・就労状況等申立書には、仕事を続けられる状況ではなかったことや日常生活上での様々な不自由さを、具体的な例を挙げてしっかりと記載しておきました。

 

○結果

障害厚生年金3級を認められ、年間約110万円を受給しました。

受給事例の最新記事

難病の最新記事

障害年金無料相談受付中 092-753-9973
障害年金無料診断キャンペーン実施中!
障害年金無料相談会開催

皆様の大事な申請にじっくり対応させて頂く為、
無料相談会毎月10名を限定させて頂いております。
詳細はお問い合わせください。

詳しくはこちら