40代会社員男性 僧房弁閉鎖不全症大動脈弁輪拡張症の方からのご相談

○概要

・相談者

鹿児島県/40代会社員男性/僧帽弁閉鎖不全症大動脈弁輪拡張症

・決定した年金種類と等級及び金額

障害厚生年金3級

年間約80万円を受給しました。

 

○相談にこられた時の状況

弊所クライアント様の従業員様の手続きでした。

平成28年4月頃に突然、動悸・息切れがあったため、かかりつけの病院を

受診したところ、心拡大が認められ心不全と診断されました。

精密検査を要し、別の病院を紹介され、その後平成28年8月に人工弁

装着手術が実施されました。

 

○相談から請求までのサポート

ご相談の際に身体障害者手帳の内容を確認すると、人工弁装着と記載

されていました。

人工弁を装着する事で障害年金の受給の対象となる可能性があるということ

をご案内し、申請の手続きを勧めました。

 

○結果

かかりつけ医が初診日の病院であったため、申請した心不全の初診日を

医師にも確認し、病歴就労状況等申立書にもしっかりと申し立てをしました。

障害厚生年金3級を認められ、年間約80万円を受給しました。

受給事例の最新記事

脳疾患・心疾患の最新記事

障害年金無料相談受付中 092-753-9973
障害年金無料診断キャンペーン実施中!
障害年金無料相談会開催

皆様の大事な申請にじっくり対応させて頂く為、
無料相談会毎月10名を限定させて頂いております。
詳細はお問い合わせください。

詳しくはこちら