30代会社員男性 頸椎椎間板ヘルニアの方からのご相談

○概要

・相談者

福岡県/30代会社員男性/頚椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群

・決定した年金種類と等級及び金額

障害厚生年金3級

年間約60万円を受給しました。

 

○相談にこられた時の状況

勤務中に怪我をして労災認定を受けました。会社の労災隠しにより、事故後1年間は病院の受診をさせてもらえず、ずっと痛みに耐えていました。その後、会社が労災を認め病院を受診しましたが、右手と右肩に麻痺が残りました。労災の障害補償給付を受給は出来ましたが、事故前のように就労を続けられる状態ではなくなりました。

 

○相談から請求までのサポート

労災の障害補償給付14級を受給し、症状は固定したと診断されたのですが、日常生活に支障がある旨をこと細かくヒアリングし、病歴就労状況等申立書を作成いたしました。また労災が第三者行為による事故であったため、それについての資料も作成しました。

 

○結果

請求後、5ヶ月以上審査に時間がかかったのですが、追加書類を求められることもなく、障害厚生年金3級を認められ、年間約60万円を受給しました。

受給事例の最新記事

肢体の障害の最新記事

障害年金無料相談受付中 092-753-9973
障害年金無料診断キャンペーン実施中!
障害年金無料相談会開催

皆様の大事な申請にじっくり対応させて頂く為、
無料相談会毎月10名を限定させて頂いております。
詳細はお問い合わせください。

詳しくはこちら