耳(聴力)の認定基準

耳の障害は、純音による聴力レベル値(純音聴力レベル値)及び、語音による聴力検査値(語音明瞭度)により1級~3級が決まります。

1級 ・両耳の純音聴力レベルが100デシベル以上のもの
2級 ・両耳の純音聴力レベルが90デシベル以上のもの
・両耳の平均純音聴力レベル値が80デシベル以上で、かつ最良語音明瞭度が30%以下のもの
3級 ・両耳の平均純音聴力レベル値が70デシベル以上のもの
・両耳の平均純音聴力レベル値が50デシベル以上で、かつ最良語音明瞭度が50%以下のもの
障害手当金 ・一耳の平均純音聴力レベル値が80デシベル以上のもの

 

補足

※聴力レベルは、原則として両耳とも上記デシベル以上であることが必要です。片方の耳のみ聴力レベルが該当しても原則として障害年金の対象外です。ただし、例外もあります。

※聴力の障害(特に内耳の傷病による障害)と平衡機能障害とは併存することがありますが、この場合には併合認定の取り扱いを行います。

少しでも障害年金に該当する可能性があると思いになった方は専門家による障害年金受給診断チェックを申し込まれることをお勧めします。

障害年金受給診断は無料で行なっております。

 


障害年金無料相談受付中 092-753-9973
障害年金無料診断キャンペーン実施中!
障害年金無料相談会開催

皆様の大事な申請にじっくり対応させて頂く為、
無料相談会毎月10名を限定させて頂いております。
詳細はお問い合わせください。

詳しくはこちら