50代男性 延髄梗塞で障害厚生年金3級を受給した事例

○概要

・相談者

福岡県/50代会社員 男性/延髄梗塞

・決定した年金種類と等級及び金額

障害厚生年金3級

年間約96万円を受給しました。

 

○相談にこられた時の状況

以前から高血圧であったため、降圧剤を処方されていましたが、健康診断で は特に異常はありませんでした。

相談の半年前のある日、頭が痛くてかかりつけのクリニックを受診したところ、医師からは「帯状疱疹の疑い」と診断されました。ところが、その晩入浴後夕食をとっていたら、体調が急変し立てなくなってしまいました。救急搬送された病院で脳梗塞と診断されました。

入院中リハビリをされ、退院後の職場復帰を前に、当センターへ 相談にお見えになりました。

 

○相談から請求までのサポート

発症した初診日から6ヶ月経過後に症状固定がみられたことから、 その日を認定日とする特例の障害認定日請求を行いました。

かかりつけの クリニックにて受診状況等証明書を、通院中の病院にて診断書を作成していただきました。そして、当センターで病歴就労状況等申立書 を作成して申請いたしました。

 

○結果

障害厚生年金3級を認められ、年間約96万円を受給しました。

 

脳疾患・心疾患の最新記事

障害年金無料相談受付中 092-753-9973
障害年金無料診断キャンペーン実施中!
障害年金無料相談会開催

皆様の大事な申請にじっくり対応させて頂く為、
無料相談会毎月10名を限定させて頂いております。
詳細はお問い合わせください。

詳しくはこちら