50代男性 慢性心不全・陳旧性心筋梗塞で障害厚生年金2級を受給した事例

○概要

・相談者

福岡県/50代会社員男性/慢性心不全・陳旧性心筋梗塞

・決定した年金種類と等級及び金額

障害厚生年金2級

年間約167万円を受給しました。

 

○相談にこられた時の状況

 20年ほど前に仕事での過労が原因で心筋炎を発症。3ヶ月後、急性心筋梗塞のため1ヶ月間緊急入院されました。心臓稼働率は20%前後の状態が続いており、引き続き通院されていました。退職されたものの、家族を養うため非常勤勤務を続けられていました。

 6年後再び胸痛を発症し、バイパス手術を受け障害者手帳3級を取得されました。さらに10年後心臓停止のため緊急入院し、CRTD埋め込み手術を受け、今度は障害者手帳1級を取得されました。現在、慢性心不全と診断され車椅子生活をなさっており、非常勤勤務も疲労が激しく、続けるのが困難な状況でした。

 

○相談から請求までのサポート

相談には、奥様と二人でお越しになりました。相談日にサポートのご依頼をいただきましたので、引き続きヒヤリングを行い、病歴就労状況等申立書の下書きを作成しました。

その後年金事務所にて保険料納付要件を確認し、初診日に受診した病院へカルテを問い合わせ、初診日証明をとりました。診断書も滞りなく作成してもらい、相談から請求までスムーズに行うことができました。

 

○結果

障害厚生年金2級を認められ、年間約167万円を受給しました。

脳疾患・心疾患の最新記事

障害年金無料相談受付中 092-753-9973
障害年金無料診断キャンペーン実施中!
障害年金無料相談会開催

皆様の大事な申請にじっくり対応させて頂く為、
無料相談会毎月10名を限定させて頂いております。
詳細はお問い合わせください。

詳しくはこちら