50代男性 小脳梗塞・大脳梗塞・四肢麻痺で障害厚生年金1級を受給した事例

○概要

・相談者

福岡県/50代会社員男性/小脳梗塞・大脳梗塞・四肢麻痺

・決定した年金種類と等級及び金額

障害厚生年金1級

年間約230万円の受給ができるようになりました。

 

○相談にこられた時の状況

クライアントの従業員様でいらっしゃいましたので、傷病手当金の代行申請をしていることから、障害年金の申請を当センターからご案内いたしました。

初回相談にはお嬢様がお見えになりました。ヒヤリングをしていくなかで、発症後は全身に麻痺が残り職場に復帰できる状況ではなく、発症した初診日から6ヶ月経過後に症状固定がみられたことから、その日を認定日とする特例の障害認定日請求を行いました。

 

○相談から請求までのサポート

まずは、初診日から6ヶ月経過後に受診していた主治医のもとへ、当センタースタッフが面会の上、診断書の作成を依頼しました。

初回の脳梗塞の発作の1ヶ月後に2度目の発作が生じており、詳細について審査機関より確認が入りましたが、当センターで必要書類等追加提出し対応致しました。

 

○結果

障害認定日請求で障害厚生年金1級を認められました。約1年間の遡及分として約230万円、今後の年金として年間約230万円の受給ができるようになりました。

脳疾患・心疾患の最新記事

障害年金無料相談受付中 092-753-9973
障害年金無料診断キャンペーン実施中!
障害年金無料相談会開催

皆様の大事な申請にじっくり対応させて頂く為、
無料相談会毎月10名を限定させて頂いております。
詳細はお問い合わせください。

詳しくはこちら