50代女性 右人工的無水晶体眼・左角膜白斑で障害基礎年金2級を受給した事例

○概要

・相談者

福岡市/50代女性/右人工的無水晶体眼・左角膜白斑

・決定した年金種類と等級及び金額

障害基礎年金2級

年間約78万円を受給しました。

 

○相談にこられた時の状況

3歳頃に受けた手術により片目は失明状態で、もう片眼も近くしか見えず、一人暮

らしの為生活に不安を抱えてご来所されました。当時のことを知る人がいない事、転

居が何度もあった事、50年以上も前が初診日であること等により申請ができるか、ま

たご自身で書類を見たり書いたりすると体調が悪くなり、適切な書類が準備できない

のではとの不安を抱えていらっしゃいました。

 

○相談から請求までのサポート

初診が20歳より前とのことを証明する為に、ご友人の方の証言を得られるようサポートしました。受診状況等証明書については病院毎に必要な為8枚となりました。受診された病院については、昔の事で記憶もあいまいな為、当時住居があった地図から候補を絞り病院を突き止め受証発行の依頼をしました。

診断書依頼についてもご本人は書類の準備がご不安な為、不備の無いよう病院と連絡応対をしました。

初診証明につながる資料もご提案し、手術時の写真を追加添付していただくようご案内しました。

 

○結果

障害基礎年金2級を認められ、年間約78万円を受給しました。

眼の障害の最新記事

障害年金無料相談受付中 092-753-9973
障害年金無料診断キャンペーン実施中!
障害年金無料相談会開催

皆様の大事な申請にじっくり対応させて頂く為、
無料相談会毎月10名を限定させて頂いております。
詳細はお問い合わせください。

詳しくはこちら