50代男性 直腸癌で障害厚生年金3級を受給した事例

○概要

・相談者

福岡県/50代男性/直腸癌

・決定した年金種類と等級

障害厚生年金3級

年間約60万円と、遡及請求分約320万円を受給しました

 

○相談にこられた時の状況

仕事がお忙しく食欲もなくなり飲み物だけで食事が全くとれない日々が続き、大量出血と腹痛で救急外来を受診。S状結腸癌と診断され、手術によりストーマを造設されました。その後も肺等に腫瘍が見つかり、つらい抗がん治療を続けられていました。会社の検診で心臓にも異常が見つかり、就労も制限される状況で相談に見えられました。

 

○相談から請求までのサポート

相談に来られた翌月に認定基準の一部改正があり、ストーマ造設時の認定時期の見直しがありました。それにより再調査を行った結果、障害認定日時点での診断書も取得出来、障害認定日及び遡及分までの請求を行うことが出来ました。

 

○結果

障害厚生年金3級を認められ、年間約60万円と5年分の遡及分320万円を受給しました。

 

がんの最新記事

障害年金無料相談受付中 092-753-9973
障害年金無料診断キャンペーン実施中!
障害年金無料相談会開催

皆様の大事な申請にじっくり対応させて頂く為、
無料相談会毎月10名を限定させて頂いております。
詳細はお問い合わせください。

詳しくはこちら