50代男性 うつ病で障害厚生年金3級を受給した事例

○概要

・相談者

福岡県/50代無職男性/うつ病

・決定した年金種類と等級及び金額

障害厚生年金3級

年間約60万円を受給しました。

 

○相談にこられた時の状況

6年ほど前に仕事が忙しく激務が続いていた頃、食欲がなくなり、だるく、めまいがするようになりました。最初は体調が悪いのかと内科や耳鼻科を受診していましたが、精神科でうつ病と診断されました。仕事へ行けない日もしばしば増え、退職することとなりました。

退職後も一日中だるさがとれず、活動しなくてはいけなくても半日が限界で、声が出なくなり、頭痛がひどくなり寝なければいけなくなります。就業しようとしたこともありますが、めまいで倒れてしまい、現在はほとんど家のソファで一日を過ごしています。

 

○相談から請求までのサポート

ご本人様の現在の状況がお医者様により伝わるよう書類を作成いたしました。提出する病歴・就労状況等申立書も作成後、ご本人様に内容を確認いただきながら、具体的な症状を記載しました。

 

○結果

障害厚生年金3級を認められ、年間約60万円を受給しました。

うつ病・精神の障害の最新記事

障害年金無料相談受付中 092-753-9973
障害年金無料診断キャンペーン実施中!
障害年金無料相談会開催

皆様の大事な申請にじっくり対応させて頂く為、
無料相談会毎月10名を限定させて頂いております。
詳細はお問い合わせください。

詳しくはこちら