40代女性 うつ病で障害基礎年金2級を受給した事例

○概要

女性(40代/無職)

傷病名:うつ病

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

年額1,229,100円(子の加算2人分)

 

○相談にこられた時の状況

職場での上司によるハラスメントにより、精神的に不安定になり、異常を感じた母親に連れられて病院を受診。

うつ病と診断されました。通院し投薬治療を続けますが症状は改善していません。


社会復帰したいという気持ちはありますが、対人関係の恐怖心から、一人での外出もままならず、終日、家の中で過ごしている状況です。

 

 ○相談から請求までのサポート

本人は、子育てや、社会復帰したいという気持ちが強いのですが、症状が改善しません。

就労したいという気持ちが強く、週2,3日、パートとして近所で働いていたので、障害認定にどのぐらい影響が出るか多少不安な状況でした。

そこで、病歴・就労状況等申立書には精神状態が不安定なためコンスタントに仕事を続けるのが困難であること、休みがちで雇用も不安定であることをしっかりと記載しておきました。

 

 ○結果

障害基礎年金2級を認められ、年間約120万円を受給しました。

 

うつ病・精神の障害の最新記事

障害年金無料相談受付中 092-753-9973
障害年金無料診断キャンペーン実施中!
障害年金無料相談会開催

皆様の大事な申請にじっくり対応させて頂く為、
無料相談会毎月10名を限定させて頂いております。
詳細はお問い合わせください。

詳しくはこちら