30代無職男性 広汎性発達障害・恐怖症性不安障害で障害基礎年金1級を受給した事例

○概要

・相談者

福岡県/30代無職男性/広汎性発達障害・恐怖症性不安障害

・決定した年金種類と等級及び金額

障害基礎年金1級

年間約100万円を受給しました。

 

○相談にこられた時の状況

先天性の発達障害でしたが、これまで就労支援などで働くことは可能でした。

しかし、平成28年4月に起きた熊本地震で恐怖症となってしまい、人が変わったように症状が悪化。仕事も退職せざるを得なくなりました。

24時間つきっきりで見ていなければならず、ご両親様も思うように時間がとれないため、ご本人様が入院中に来所いただきました。

 

○相談から請求までのサポート

通常、不安障害のみの場合だとあまり重く見られない傾向にあります。そこで、先天性の発達障害との関連性や生後からの経緯を詳しく記載しました。

また、「地震恐怖症」についてはまだ社会的認知度が低いため、症状や日常生活の様子も詳しくヒアリングしました。入院中の記録についてもすべて目を通し、病歴・就労状況等申立書を作成しました。

 

○結果

障害基礎年金1級を認められ、年間約100万円を受給しました。

うつ病・精神の障害の最新記事

障害年金無料相談受付中 092-753-9973
障害年金無料診断キャンペーン実施中!
障害年金無料相談会開催

皆様の大事な申請にじっくり対応させて頂く為、
無料相談会毎月10名を限定させて頂いております。
詳細はお問い合わせください。

詳しくはこちら