20代女性 統合失調症で障害基礎年金2級を受給した事例

○概要

・相談者

福岡県/20代無職女性/統合失調症(既存障害:軽度知的障害)

・決定した年金種類と等級及び金額

障害基礎年金2級

年間約80万円を受給しました。

 

○相談にこられた時の状況

初回相談にはお母様がお見えになりました中学生の頃不登校になり、暴言等がひどくなったため、市の運営する家庭センターに相談したところ、軽度知的障害と診断されました。高校進学後もその状態が続き、ARMS(発病危険状態)と診断され薬物療法を開始。さらに療育手帳の交付を受けました。高校卒業後には被害妄想や異常行動や増え、病院で統合失調症と診断されました。現在は障害者仕事支援センタ

ーで軽作業に従事しているものの、症状は依然として続いていました。

 

○相談から請求までのサポート

初回相談にお見えになったのは、20歳の誕生日から2ヶ月経過した頃でした。知的障害があり療育手帳を交付されている場合は出生時が初診日となるため、受診状況等証明書は不要であることをお母様へ説明し、ヒヤリングをもとに出生時から現在に至るまでの病歴就労状況等申立書を当センターで作成しました。診断書には障害者仕事支援センター

への通所は、正規就労ではないという主治医の判断の記載がありました

ので、病歴就労状況等申立書の就労状況にかかる記載欄についても、そのように断り書きを加えて記載しました。

 

○結果

障害基礎年金2級を認められ、年間約80万円を受給しました。

うつ病・精神の障害の最新記事

障害年金無料相談受付中 092-753-9973
障害年金無料診断キャンペーン実施中!
障害年金無料相談会開催

皆様の大事な申請にじっくり対応させて頂く為、
無料相談会毎月10名を限定させて頂いております。
詳細はお問い合わせください。

詳しくはこちら